MODO INDIEの購入方法

デザイナーやイラストレーターの方々が3DCGソフトを始めるにあたって入門向けとしてのおすすめの1つ、MODO INDIEを紹介します。

月額1480円(1020円〜)と比較的低価格でMODOの機能制限版ですが制限もわりとゆるく、使い方しだいでは十分な機能も揃っているので使い続けることも可能ではないでしょうか。

機能制限

機能制限の項目、Google翻訳ままですが下記

MODO INDIEとFULL Modoの違い
・OBJ、FBX、glTF 2.0の輸出は100,000ポリスに限定
・ベークとレンダリングの解像度を4kに制限
・コマンド評価オプションは利用できません
・コマンド、スクリプト、およびコマンド履歴パネルの結果は、「元に戻す」と「履歴」以外は使用できません。
・Pythonエディタ、サードパーティのスクリプト、サードパーティ製のプラグインを利用できない
・すべてのフォーマットをインポートできますが、.lxfフォーマットでのみ保存できます
・OBJ、FBX、およびglTF 2.0に限定されたエクスポート形式
・画像保存形式は.png、.jpg、.tiff、.tga、.exrに制限されています。
・ネットワークレンダリングが無効になっている
・個人使用に限定Steamストアページ(Google翻訳まま)
上記の内容で不便な点は、
・レンダリング画像を4000pxまでの制限がある、印刷解像度でA4用紙程度。
・画像保存形式にPSDがない。
・ネットワークレンダリングが使用できないので時間短縮ができない。
といった所でしょうか。

機能制限に加えて注意したい点は
・サブスクリプション制(月額制)での販売である。
・英語版しか販売されていない。
・フル機能版の最新バージョンと同じではない。

また現在では日本公式のMODO JAPAN GURUPでは取り扱っておらず、本家公式THE FOUNDRYでも紹介ページが無いという扱いで、Steamでの販売のみになっているようです。

Steamとは何?から知る必要があり、購入までのハードルが少々高いですがインストールまでの方法を紹介していきます。

Steamとは

steam_top

Steam(スチーム)はValve(バルブ)という企業が運営するPCゲームをダウンロード販売しているオンラインストア兼ゲームプラットフォームです。
PCゲームファンには大人気のプラットフォームですがグラフィックツールを使用したいだけの場合には馴染みが無いかもしれません。

Steam公式ページからログイン、もしくは専用クライアント(パソコンアプリケーション)からログインしてゲームまたはグラフィックツールを購入してダウンロードし、上記の専用クライアントの上で起動して遊ぶことができます。

また別のパソコンを使用しても自分のアカウントでログインすれば、1度購入したゲームまたはグラフィックツールは再ダウンロードができ、ゲームによってはセーブデータがクラウドに対応しており異なった場所で続きを遊ぶといったこともできます。

最近ではWindows版Mac版両対応、日本語に対応、日本のゲームメーカーの参入も多くなりPCでゲームを遊ぶには欠かせない存在となっています。
逆を言ってしまうとMac版なし、日本語非対応のゲームやツールも多く存在しますので購入する際には注意したい所です。MODO INDIEも残念ながら現在は日本語に対応していません。

Steamクライアントのインストール

steam_top

Steam公式ページ

では、MODO INDIEの購入までの流れを見ていきましょう。
公式トップページの一番上部にSteamをインストールというボタンがありますので、Steam専用のクライアントをパソコンにインストールします。Windows・Mac両対応です。

アカウントの作成

Steamを利用するには無料ですがアカウントの作成が必要になります。

WEBサイト上でもアカウントを作成したり、ゲームを購入したり管理ができますが、ゲームの起動にはSteamクライアントが必要となりますので、ここではSteamクライアントのインストールからの説明をします。

インストールをしてSteamクライアントを起動するとログイン画面が現れます。

steam_login

下部に新しいアカウントの作成があるので作成します

steam_login

必要な情報を入力して、利用規約に同意するチェックボックスにチェック。

steam_login

メールが送られて来るので承認します。

steam_login

承認すると画面が切り替わります。アカウント名、パスワードを設定。

steam_login

完了しました。

steam_login

改めて入力したアカウント名とパスワードを使用してログインします。

購入方法

steam_stor

検索窓から「MODO」と入力すると候補のグラフィックツールが表示されます。「MODO indie」と「MODOD indie 901」が表示されますが、「MODO indie」の方が新しいバージョンなのでこちらを選びましょう。
2つ存在するのは配信・販売の方針が途中で変わったからでしょうか?

実は「MODO indie」の方を購入すると「MODO indie 901」の方の権利も貰え自分のライブラリーに登録されます。もしかするとどちらを購入しても同じかもしれません。

steam_stor

「MODO indie サブスクリプションプランを購入」を選びます。

その下にある「MODO indieを購入する」は機械翻訳のようで意味がわかりづらいですが、MODO indieとMARI indieというグラフィックツールのセット購入になります。

steam_stor

今回は単体の「MODO indie サブスクリプションプランを購入」で進めます、購入した期間のみ使用できるサブスクリプション制(月額制)になります。

・1ヶ月間 1,480円
・3ヶ月間 3,480円
・6ヶ月間 6,080円

期間が長いほど多く割引されるようです。6ヶ月で購入すると1ヶ月あたり1020円程ですね。計画的に購入しましょう。

またSteamではゲームやグラフィックツールに限らず割引のセールをよく行います。不定期であったりブラックフライデー、ハロウィン等の期間等様々ですが狙ってみるのもいいでしょう。
他にも3Dグラフィックツールは、Substance、Marvelous Designer、3D-coat等も販売されています。

支払い方法

カートに入れるボタンをクリックすると、一度ショッピングカートに入ります。自分用に購入を選びます。
Steamではフレンドにゲームをギフトとしてプレゼントすることもできます。

steam_stor

幾つかの支払い方法があります。
コンビニで販売されているSteamプリペイトカードも使えます。

(重要)自動継続の課金の解除方法

サブスクリプションプランの購入となり使用期限が過ぎると課金が自動継続される設定になっています。
お試しの使用の場合等はすぐにキャンセルの設定もしておきましょう。キャンセルの設定をしても残りの期間まで使用できます。

手順は次の通り。

steam_stor

右上のアカウントのメニューからアカウント詳細を選びます。

steam_stor

サブスクリプションの管理をクリックします。

steam_stor

編集をクリックします。

steam_stor

サブスクリプションをキャンセルするを選び、適応ボタンをクリックします。

steam_stor

完了しました。残りの期間までは使用できます。

ライブラリー

購入手続きが終わりましたら上部のメニューからライブラリーを見てみましょう。
購入したタイトルがリストに並びます。沢山所持していると優越感に浸れます。

steam_stor

インストールのボタンをクリックしてインストールができます。
また無料のDLC(ダウンロードコンテンツ)としてサンプルのアセットデータ等があります。チェックを入れてダウンロードができます。

まとめ

これであなたもスチーマーです!
MODO INDIEをインストールして3DCGライフを始めましょう。

マニュアルには英語ですがWEBドキュメントが用意されています。
ブラウザーのGoogl Chrorm等でページを翻訳すれば理解することができると思います。
MODO indie Documentation

MODO JAPAN GROUPサイトでのMODOの日本語での解説ページも非常に参考になります。ぜひ活用させてもらいましょう。
MODO 入門ビデオ

steam_stor

 

The following two tabs change content below.

HIROSE.

3DCGデザイナー / 主に広告・DTPデザイン・カタログ向けの3DCGを制作しています。 印刷業界のすみっこでグラフィックと3Dデザインの掛け合わせを模索中。